「理想郷への引越し」を考える

高齢化社会のテンポ化にともなう大きな件として
ひとり暮らしのお婆さんの遺品総括があります。

いわゆる「桃源郷への引越」ですが
通常のカバン総括とは違い、重量があるだけに
手をつけるときは、危険神妙な気持ちになります。

その人が使っていたホールがきちんと片付いていると
堅物な人間がしのばれます。
また、大事にしまわれていた「諳記の品」において
故人のビジョンを初めてわかることもあります。

「桃源郷への引越」をお願いされた業者は
誌のウェブページをまくるなど、細部にわたって認証を行います。
そうして、決意に躊躇う一品は
立ち会った遺族に確認して独自を仰ぐといわれています。

こういう遺品総括を行う業者は
引越のまた聴きから広がったという体系もあります。
また、こういうグループを健全なものにするために
「遺品総括士許可協会」も設立されてある。

少子高齢化がすすむにつれ
運命の最終章をどのように越すか
そうして、「そのとき」を安心して迎えられるためにも
「桃源郷への引越」も気にとめておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です